読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライティング・ハイ

年間350本以上映画を見た経験を活かしてブログを更新

小説

リクルートスーツという仮面に下にあるもの

この時期になるといつも思い出す。 満員電車の中、会社に向かっていると、たいていは新品のリクルートスーツを着ている就活生が一人はいる。 風貌は社会人に寄せているが、発しているオーラが明らか純粋な学生そのものなので、ぱっと見ただけで、すぐ就活生…

「破線のマリス」を読んで、ふとしたきっかけでテレビ出演してしまった日のことを思い出す

「テレビは簡単に人を殺せる」 そう先輩ディレクターが言っていた。 私は前職でテレビ番組制作会社に勤めていた。 毎日のように怒号が繰り返される環境で走り回り、精神的に滅入っていたのだが、先輩ディレクターが言ったこの言葉だけは異様に私の記憶にこび…

個性を追い求めていた私が、最年少で直木賞を取った朝井リョウが描く「個性」を知った時……

「あなたお名前は何でしたっけ?」 私は昔から、一度あったことある人にもよくそう聞かれる。 二ヶ月前にあったじゃん! フェイスブックも友達申請してあるじゃん! そう心の中で唱えるも再び名刺交換に応じる。 私は本当に昔から人に名前と顔を覚えてもらえ…

「自己表現しなきゃという思いで苦しむのは、砂漠で塩水を飲むようなものだからです」と村上春樹は言った

「今、世界の人がどうしてこんなに苦しむかというと、自己表現しなきゃという強迫観念に覆われているからです。それはある種の呪いです。そう簡単にできるものじゃありません。砂漠で塩水を飲むように、飲めば飲むほど喉が渇きます」 作家の村上春樹が言って…